羽村市,青梅市,あきる野市,福生市,瑞穂町で注文住宅の一戸建てなら [住まいる工房]

セキュリティ住宅


侵入者は必ず下見をすると言われます。見通しのよい外構、防犯設備の設置をアピールすることで、第一に「狙われにくい」家にします。
狙われてしまった場合、侵入されにくい工夫が必要です。「侵入されにくい」とは、「侵入に時間がかかる」ことです。鍵を工夫したり、容易に破壊できないガラスにすることで、時間を稼げば、侵入者も諦めざるをえません。
それでも侵入されてしまった場合、侵入者を周りに知らせる設備が必要です。音や光で侵入したことが周囲に知られる恐れがでれば、侵入者も目的をあきらめて逃げるしかなくなります。
空き巣の侵入手段は、住宅の種類に応じて違っています。
一戸建て住宅では、ガラス破りが多くなっていますが、中・高層住宅及びその他の住宅では無締りが最も多くなります。
ドアや窓には確実に施錠してください。
財団法人都市防犯研究センターによると、泥棒は5分以内に侵入できないと約7割が諦め、さらに10分以内に侵入できないと約9割が諦めるというデータが出ています。
標的にされないための環境を作ることが大事ですが、もし狙われたとしても侵入を10分防げればほとんどの泥棒を防ぐことが出来るということです。
侵入者が重視する点は、見つからないこと。外回りのフェンスなどを見通しのよいものにするなど、死角をなくすことにより、入りにくくなります。どうしても死角になる部分には監視カメラを設置するなど、隠れる場所を作らないことが重要です
見通しの良い空間でも、夜はそうはいきません。侵入犯罪の割合が多い時間帯も夜です。照明器具の設置は効果的で、照らされるだけでも、「見られたかもしれない」と思えば侵入者も逃げ腰になります。
見つからないためには速やかに宅内に侵入しなければなりません。鍵なら1個より2個以上、より複雑なものがベターです。開けられない鍵や窓は存在しませんが、侵入にかかる時間が5分で7割、10分で9割の侵入者があきらめています。
それでも解錠されてしまった場合や、ガラスを破られた場合、音で侵入を知らせるのが効果的です。侵入犯罪者へのアンケートでも音による威嚇が効果的とのことです。警報が鳴り、誰かに気付かれるかもしれないと思えば、逃げるしかないということです。
夜間ずっと家の周りを照らしておくのは現実的ではありません。人感センサー付で侵入者を検知したときに照らすようにすれば、車上狙い等もわかりやすくなります。また、いきなり照明を当てれば、心理的な効果もあります。
さらにソーラー蓄電池付きなら、電気代もかからず、電源を落とされてしまった場合も侵入者を照らします。
玄関ドアはもちろん、その他の窓にも通常の鍵だけでなく、2個目の鍵を装備しておけば、開けるのにかかる時間は倍になります。侵入犯罪は時間との戦いですから、「時間のかかる」窓やドアになります。
ディンプルキーは従来のような鍵山ではなく表面に大小のくぼみを付けた鍵です。複製が困難で、ピッキング(不正解錠)にも時間がかかる防犯性の高い鍵です。
侵入犯罪者の多くは当然ながら留守を狙ってきますが、留守を確認する方法として多いのが、インターホンです。カメラが付いていれば顔を確認される恐れがあるため、押しにくくなります。録画機能付きなら、留守でもインターホンを押した人の顔が残せます。ご自宅のみならず、御近所で被害があった場合でも、犯人がご自宅のインターホンを押していれば、事件の早期解決に繋がります。
防犯合わせガラスとは、2枚以上のガラスを特殊なフィルムで接合したガラスです。割れにくいだけでなく、割れてもフィルムを破るのに時間がかかります。また、ガラスの飛散を防ぐため、災害時にも安全です。
 ガラスアラームは、ガラスが破損するときの特殊な周波数の音波を検知し、警報を発します。(普通にガラスをたたいた場合等の音や振動には反応しません)