羽村市,青梅市,あきる野市,福生市,瑞穂町で注文住宅の一戸建てなら [住まいる工房]

エネファーム・エコウィル等


近年、電力需要の増加やCO2排出削減等にともない、電気の需給が逼迫してきています。
一般のご家庭にも節電が求められていますが、究極の節電とは「電気をつくる」こと。その他にも省エネ・節電に有効な設備が続々登場しています。

電化派の人、ガス派の人、ご要望も様々ですが、ご新居にあわせて省エネ設備導入してはいかがですか。


エネファームとは、家庭用燃料電池のことで、主にガスに含まれる水素と空気中の酸素を反応させて発電し、発電の際に発生する熱でお湯も沸かすという、エネルギーの無駄の少ないシステムです。発電所では発電時の熱は冷却水に吸収させる、つまりお湯はつくられますがエネルギーが無駄に捨てられています。
エネファームなら発電時の熱を有効利用することで燃料の持つエネルギーの8割前後を利用することができるのです。


エネファームの発電量や電力会社からの購入量、タンクの貯湯量などを簡単にリモコンで確認できます。また、CO2削減量を樹木に換算してお知らせします。
リモコンを見れば見るほどマイホーム発電が身近なものとなり、楽しく環境貢献を実感できます。見やすく、使いやすいから、家族の省エネ&エコ意識も高まります。

その他様々なECO設備で、あなたの家を発電する家に

エコウィルの正式名は「家庭用ガス発電給湯暖房システム」といいます。家庭用に開発された、ガスを燃料にして発電と給湯を行うシステムです。
エコウィルの発電方法は、ガスを燃料にしてエンジンを駆動させ、その力で発電機を回して電気をつくります。
大気の熱を利用してお湯を沸かすエコキュートは省エネで経済的な給湯機です。大気中の熱エネルギー(再生可能エネルギー※1)を利用し、電気エネルギーのみを使用した場合の3倍の効率でお湯を沸かします。しかも、お得な夜間電力の利用で、さらに経済的。快適な暮らしをそのままに、省エネライフ実現します。
※1自然界に存在し、資源を枯渇させずに利用できるエネルギー(太陽光エネルギーや風力など)
エコジョーズとは、従来捨てていた約200℃の排気ガス中の熱を二次熱交換器で回収する技術で、熱効率を飛躍的に高めます。これまでの家庭用給湯器では、使用するガスのうちの約20%が放熱や排気ガスとなりムダになっていました。その約20%のうち15%を二次交換器で回収し、再利用することによって燃費の改善(ガス使用量の低減)など様々なメリットが生まれる給湯器、それが「エコジョーズ」なのです。
 
ハイブリッド給湯器は、ガスと電気の良い部分を取り出して併用した「ハイブリッド」な給湯器です。電気のヒートポンプは少ない電気量で効率よくお湯を湧かします。
ガスのエコジョーズは使いたいときにいつでも十分な給湯を実現します。このふたつの機能を、暮らしの時間帯や用途に合わせて最適に使い分けるのが「ECO OEN」です